【中国渡航前検査の1月19日以降搭乗からの改訂について】
2022年1月19日より中国の渡航前検査の要件が改訂されます。2022年1月17日中国駐福岡総領事館に確認をしましたところ、PCRを2回行うことを除くと、従来通り検査の方法で検査を行ってくださいとのことでした。
●2022年1月17日中国駐福岡総領事館に確認
搭乗1週間前
・1週間前に1回目のPCRのみ行い、単体で診断書を発行。
・Personal Health Monitoring Formをお渡しする。
48時間前
・PCR検査
・血清特異性IgM抗体検査
現在血清での定性抗体検査には対応していますが、特異性IgM抗体検査には対応できません。本日改めて中国駐福岡総領事館に血清での定性抗体検査で対応可能かを問い合わせ中です。
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/tztg/202201/t20220107_10479866.htm

これまで、下記の国への渡航前の検査を当院で行いました。
中国
台湾
韓国
タイ
ベトナム
シンガポール
イタリア
アメリカ
カナダ
イギリス

検査の要件等は変更になる可能性がありますので、各自領事館等でご確認頂き、指定の書式が必要な場合はご持参下さい。(中国渡航に必要な書類は、変更のたびに中国大使館より当院に連絡を頂けますので、当方で書類のご準備が出来ています)

当院での検査の詳細は下記HPをご参考にして下さい。
https://medkyu.com/2020/12/covid-pcr-ab/