医師紹介

真面目に内科医としての修練を長年積んできた専門医が、きちんとした内科の医療を行っています。高血圧や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病も、内科の専門医に治療をお任せ下さい。

院長(循環器内科・内科)

吉田 昌義(よしだ まさよし) 水曜日以外、第1~3土曜日以外

学歴:
 2002年 九州大学医学部卒業
 2009年 九州大学大学院修了(循環器内科)
 2013年 医学博士取得(睡眠時無呼吸分野、心不全分野 / 九州大学)

職歴:
 2002年 九州大学医学部循環器内科入局
 2002年 九州大学病院(研修医)
 2004年 済生会福岡病院(循環器内科)
 2009年 済生会二日市病院(循環器内科)
 2012年 済生会熊本病院(循環器内科)
 2016年 オタワ大学Postdoctoral fellow
 2018年 オタワ大学(客員研究員)
 2019年 当院院長就任

資格:
 医学博士
 内科認定医
 循環器専門医
 心臓リハビリ指導士
 日本心血管インターベンション治療学会認定医
 日本医師会認定 産業医

睡眠時無呼吸・循環器内科医師(九州大学特任教授)

安藤 眞一 (あんどう しんいち) 第2土曜日

現 九州大学病院 睡眠時無呼吸センター長、特任教授
http://sleep.hosp.kyushu-u.ac.jp/
https://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/outpatients/center/16/

資格:
医学博士
内科認定医
循環器専門医
高血圧学会指導医・専門医
日本睡眠学会専門医

糖尿病内科・膵臓内科医師(九州大学元助教授)

木村 壽成(きむら としなり) 水曜日午後

職歴:
1969年 九州大学病院
1972年 麻生飯塚病院
1974年 九州大学病院
1976年 九州大学医学部助手(第3内科)
1980年 西ドイツマックスプランク生理学研究所
1982年 北九州市立小倉病院
1983年 九州大学医学部附属病院助手(第3内科)
1983年 九州大学医学部講師(第3内科)
1988年 九州大学医学部助教授(第3内科)
1992年 社会保険仲原病院 病院長
1994年 九州大学医学部臨床教授併任
2014年 社会保険仲原病院 定年退職

資格:
医学博士
内科認定医
消化器専門医・指導医
糖尿病専門医
消化器病学会功労会員
膵臓学会特別会員

九州大学(内分泌代謝・糖尿病内科)医師

九州大学病院の内分泌代謝・糖尿病内科(第3内科)医師が第1・3土曜日に診療を行います。
https://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/shinryo/naika/05/

九州大学(睡眠時無呼吸センター)医師

九州大学病院の 睡眠時無呼吸センター 医師(循環器専門医)が第2・4水曜日午前に診療を行います。
https://www.hosp.kyushu-u.ac.jp/shinryo/naika/05/

臨床検査技師

当院常勤の臨床検査技師(超音波検査士:消化器)による腹部エコー、甲状腺エコー、頸動脈エコー、下肢静脈エコーが施行できます。
また、長年、済生会二日市病院、九州大学病院に勤務した臨床検査技師さん月曜日午後、第二土曜日に心エコー、運動負荷心電図を行っています。

管理栄養士

高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症を始めとする生活習慣病、心不全患者さんにとって食事療法は重要です。常勤の管理栄養士が食事のご相談や栄養指導を行えます。

院長の業績紹介

院長賞罰:

  • AGE-WELL Postdoctoral Award in Technology and Aging(2016年)
    New Multi-function Device for Reliable Monitoring of Cardiovascular Health in the Home
  • 第61回日本心臓病学会(2013年)
    通常量のサンリズム投与にて著明な心収縮能障害を来たし一時的なPCPS留置にて救命できた一症例 Case Presentation Award
  • 第9回Neurocardiology Workshop奨励賞(2008年)
    経皮的電気刺激による重症起立性低血圧の新たな治療法の開発
  • 第3回Cardiac Translational Research Conference最優秀賞(2005年)
    当院における糖尿病心臓ドックの取り組み

院長主要学会発表:

  • 第66回日本心臓病学会(大阪、ランチョンセミナー、2018年9月)
    • 治療抵抗性心不全に対するASVの有効活用
    • 陽圧呼吸療法の有効群は?〜血行動態から読み解く〜
  • 第6回心不全ASVリサーチ・フォーラム(シンポジウム2、2018年9月)
    • 心不全患者におけるASVの再入院抑制効果
  • 第81回日本循環器学会(名古屋、2017年3月)
    • Fractional Flow Reserve after Percutaneous Coronary Intervention can be Mathematically Derived in Individual Tandem Lesions
  • 第81回日本循環器学会(名古屋、RT5-3:テーブルラウンドディスカッション、2017年3月)
    • The Hemodynamic Effect of Non-invasive Positive Pressure Ventilation for Patients with Congestive Heart Failure
  • ヨーロッパ心臓病学会:心不全2015(ESC、スペイン、セビリア、2015年5月)
    • Reduction of readmission rate by adaptive servo-ventilation therapy in the patients with severe heart failure
  • 第79回日本循環器学会(東京、プレナリーセッション、2014年3月)
    • Artificial baroreflex system prevents postural hypotension in patients with cervical spinal cord injury
  • 第22回ヨーロッパ睡眠学会(エストニア、2014年)
    • Positive impact on Readmission rate of adaptive servo-ventilation therapy in heart failure.
  • 第39回日本睡眠学会(京都、2014年)
    • 心不全による再入院をASVは抑制する
  • 第36回国際睡眠学会(京都、2011年)
    • Increase in cardiac output by bi-level positive airway pressure ventilation in patients with congestive heart failure
  • 国際高血圧学会2010(ISH、バンクーバー、2010年)
    • Standing Test after the Blood Donation can Predict the Incidence of Late Phase Vasovagal Reaction
  • アメリカ心臓病学会2008(ニューオリンズ、2008年)、EMBC(2008年)
    • Transcutaneous Bionic Baroreflex System is Widely Applicable for Preventing ere Orthostatic Hypotension in Patients with Cervical Cord Injury
  • 第72回日本循環器学会(福岡、2008年)
    • Overexpression of mitochondrial transcription factor A protects failing myocardium from oxidative stress
  • 第72回日本循環器学会(福岡、2008年)
    • Noninvasive Transcutaneous Bionic Baroreflex System Prevents Severe Orthostatic Hypotension in Patients with Spinal Cord Injury

院長主要論文:

Yoshida M, Ando SI, Kodama K, et al. Adaptive servo-ventilation therapy reduces hospitalization rate in patients with severe heart failure. Int J Cardiol 2017;238:173-6.

Huang A, Yoshida M, Ono Y, Rajan S. Continuous measurement of arterial diameter using wearable and flexible ultrasonic sensor. Ultrasonics Symposium (IUS), 2017 IEEE International: IEEE, 2017:1-4.

Taguchi E, Konami Y, Inoue M, Suzuyama H, Kodama K, Yoshida, M, et al. Impact of Killip classification on acute myocardial infarction: data from the SAIKUMA registry. Heart and vessels 2017;32:1439-1447.

Yoshida M, Ando SI, Eura E, et al. Hemodynamic response during standing test after blood donation can predict the late phase vasovagal reaction. Heart and vessels 2016;31:1997-2003.

Yoshida M, Ando S, Chishaki A, Makita N, Hasegawa Y, Narita S, Momii H, Kadokami T. Normal dose of pilsicainide showed marked negative inotropic effects in a patient who had no underlying heart disease. Journal of Arrhythmia. 2014;30:68-70

Yoshida, M., Ando, S., Naito, Y., Yano, H. Mediastinal leiomyosarcoma concurrent with intra-aortic thrombosis. BMJ Case Rep 2013. doi:10.1136/bcr-2012-007527

Yoshida M, Ando S. Reply. J Card Fail. 2013;19:661-662

Yoshida M, Kadokami T, Momii H, Hayashi A, Urashi T, Narita S, Kawamura N, Ando S. Enhancement of cardiac performance by bilevel positive airway pressure ventilation in heart failure. J Card Fail. 2012;18:912-918

Kadokami T, Ando S, Momii H, Yoshida M, Narita S, Fukunaga T, Nishi J, Tamura A. Diagnostic performance of cardiac fusion images from myocardial perfusion imaging and multislice computed tomography coronary angiography for assessment of hemodynamically significant coronary artery lesions: An observational study. Nucl Med Commun. 2012;33:60-68

Fujino T, Ide T, Yoshida M, Onitsuka K, Tanaka A, Hata Y, Nishida M, Takehara T, Kanemaru T, Kitajima N, Takazaki S, Kurose H, Kang D, Sunagawa K. Recombinant mitochondrial transcription factor a protein inhibits nuclear factor of activated t cells signaling and attenuates pathological hypertrophy of cardiac myocytes. Mitochondrion. 2012;12:449-458

Narita S, Yoshioka Y, Ide A, Kadokami T, Momii H, Yoshida M, Ando S. Effects of the l/n-type calcium channel antagonist cilnidipine on morning blood pressure control and peripheral edema formation. J Am Soc Hypertens. 2011;5:410-416

Momii H, Tashima Y, Kadokami T, Narita S, Yoshida M, Ando SI. Experience of step-wise protocol using noninvasive positive pressure ventilation for treating cardiogenic pulmonary edema. Eur J Emerg Med. 2011

Yoshida M, Ando S, Kadokami T, Narita S, Momii H, Sato Y, Kiyokawa T, Nakao C. Instantaneous restoration of cardiac output by noninvasive positive pressure ventilation in a patient with obesity hypoventilation syndrome. Journal of cardiology cases. 2010;3:e40-e42

Inoue T, Ide T, Yamato M, Yoshida M, Tsutsumi T, Andou M, Utsumi H, Tsutsui H, Sunagawa K. Time-dependent changes of myocardial and systemic oxidative stress are dissociated after myocardial infarction. Free Radic Res. 2009;43:37-46

Hayashi Y, Yoshida M, Yamato M, Ide T, Wu Z, Ochi-Shindou M, Kanki T, Kang D, Sunagawa K, Tsutsui H, Nakanishi H. Reverse of age-dependent memory impairment and mitochondrial DNA damage in microglia by an overexpression of human mitochondrial transcription factor a in mice. J Neurosci. 2008;28:8624-8634

Yoshida M, Murayama Y, Chishaki A, Sunagawa K. Noninvasive transcutaneous bionic baroreflex system prevents severe orthostatic hypotension in patients with spinal cord injury. Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc. 2008;2008:1985-1987

Yamato M, Shiba T, Yoshida M, Ide T, Seri N, Kudou W, Kinugawa S, Tsutsui H. Fatty acids increase the circulating levels of oxidative stress factors in mice with diet-induced obesity via redox changes of albumin. FEBS J. 2007;274:3855-3863